マンションやビル、住宅などあらゆる建物は長い間、建っていて日々日光や雨風にさらされていることによって少しずつ劣化がおきてきます。劣化がおきてくると建物がもろく弱くなってくる為、修繕が必要になってきます。個人の住宅ではもちろん住んでいる方が行います。ですがマンションなどの集合住宅ではどうでしょう。マンションを借りたり買ったりする際には家賃やローンとは別に管理費や修繕費を支払っていますのでその積立金で修繕をおこなう事になります。マンション大規模修繕では階段の補修や外壁の塗り替え、エレベーターの付け替えなどたくさんあります。賃貸のマンションでは主に家主側が決めておこなうことが多いようですが、分譲のマンションでマンションの住人同士で話し合いをおこない時期などを決める事が多いようです。マンション大規模修繕と聞くととても大変そうですがある程度マニュアルがありますのでそれに従っておこなっています。

マンション大規模修繕工事について

分譲マンションに住んでいると、大規模修繕工事が行われることがあります。それは、マンションの屋上防水工事や外壁塗装など、共用部分に関する工事です。これは、マンションを建てるときに作成された管理規約の中にある長期修繕計画に沿って行われます。その工事を行うために、マンションに住んでいる方は修繕積立金というものを毎月支払い積み立てています。共用部分の工事になりますから、工事が行われるときには管理組合により話し合いが行われますが、規約どおりになかなか進まない場合もあります。というのも、長期修繕計画がきちんと作成されていない場合に、資金が足りずに手出し金が多くなってしまう場合があるからです。ですから、マンションを購入する際には、マンション大規模修繕計画がきちんとたてられているかを確認してからマンションを購入することをおすすめします。

マンション大規模修繕について

マンションを購入する場合、月々修繕費を払います、この修繕費は何かマンションの共有部分などに修繕する箇所が生じた際にそこから支払うものになりますが、やはりマンションも時間が経てば、大きな修繕をする可能性も出てきます。やはり建築した時からある程度時間が経てば、それなりに古くなってきます。その為に、普段の小さな修繕とは異なりマンション大規模修繕を行わなくてはいけない場合も出てきます。その際、もちろん毎月の修繕費から費用が支払われますが、それだけでは足りない場合も出てきます。その際、やはり追加でその分の修理代を徴収される可能性もあります。やはりそこに住んでいるかぎり、共有の部分は誰もが使用する部分になります。その為、やはりそこに住むのであれば修繕を避ける事が出来ません。是非その事を頭の中に入れておきましょう。